2019年 出雲大社初詣にお土産にいかがですか

撮影キャンペーン募集中

完全予約制080-4262-2492

お正月は1月2日より受付中 定 休 日   毎週月曜日 第1火曜日・第3日曜日
  shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg shift.jpg
 

見せる出雲大社土産
出雲大社 花魁体験 〜縁姿〜 えにし 

 現代風から古典風まで、多彩な花魁体験ができます。
プランお気軽にOIRAN体験してみませんか?
 
 

本格花魁 ¥15000 
 ・本格結い髷セット
 ・帯結びあり
 ・手札版写真1枚付
 

椿

 現代風花魁 ¥12000 
 ナチュラリーヘアーセット
 ・帯結びあり
 ・手札版写真1枚付
 

花魁風アレンジ ¥8000
 ナチュラリーヘアーセット
 ・帯結びなし
 ・手札版写真1枚付
  

蓮華

クシナダ姫 ¥8000
 オリジナルヘアーセット
・帯結びなし
・手札版写真1枚付
 
 
 
ご予約状況を確認して頂けます
お問い合わせ・ご予約は
0853-25-8518
オプション:まつ毛・つけ爪 あります
花魁メイク有・帰りのメイクは各自でお願い致します。
 
パリコレのアーティストを選出する  JMA(日本メイクアップ技術検定協会)
認定講師であるヘアメイクアーティストMIHO がチーム縁姿をプロデュース
http://www.jma-makeup.or.jp/  

完全予約制080-4262-2492

定 休 日   毎週月曜日 第1火曜日・第3日曜日

花魁スタジオの上質な花魁体験。それぞれのプロフェッショナルがこの出雲大社のお膝元にてコラボレーションし、花魁ならではの魅力を、引き出します。それはもう映画の中の女優気分。
 
花魁(おいらん)は、吉原遊廓の遊女で位の高い者のことをいう。18世紀中頃、吉原の禿(かむろ)や新造などの妹分が姉女郎を「おいらん」と呼んだことから転じて上位の吉原遊女を指す言葉となった。「おいらん」の語源については、妹分たちが「おいらの所の姉さん」と呼んだことから来ているなどの諸説がある。 江戸時代、京や大坂では最高位の遊女のことは「太夫」と呼んだ。また、吉原にも当初は太夫がいたが、宝暦年間に太夫が消滅し、それ以降から高級遊女を「おいらん」と称するようになった。
 
クシナダヒメは、日本神話に登場する女神。『古事記』では櫛名田比売、『日本書紀』では奇稲田姫と表記する。
ヤマタノオロチ退治の説話で登場する。アシナヅチ・テナヅチの8人の娘の中で最後に残った娘。ヤマタノオロチの生贄にされそうになっていたところを、スサノオにより姿を変えられて湯津爪櫛(ゆつつまぐし)になる。スサノオはこの櫛を頭に挿してヤマタノオロチと戦い退治する。

〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南784番地1 

出雲大社

 
神々の国、出雲。この地の象徴であるかのようにそそりたつ出雲大社。
八雲山を背にした神域は森厳な空気が流れ、その中で数千年もの歴史を持ち、威容を誇る神殿が厳かに立っています。
八雲立つこの場所には、なにか巨大なものの気配があります。厳粛な緊張感があります。
浮雲ただよう青空に突き刺さるような千木を仰ぎ見ると、壮大な神代の世界が確かにここに存在したことは想像に難くありません。
近年パワースポットとしても注目されている出雲大社。その由縁、理由ではなくここに来て感じてください。
 
縁結びの神・福の神として名高い『出雲大社』は、日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社と呼ばれていました。
主祭神は大国様として馴染みの深い『大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)』で、「古事記」に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神(あ まてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりといわれています。  

ESPERANZA TOP

ようこそエスペランサのホームページへ